リサイクル型シーラントのメリット

 

recycling
recycling
recycling
recycling

 

recycling

 

リサイクル型含浸用シーラントについて

 

非リサイクル型シーラントを使用する従来の含浸プロセスでは、通常シーラントの9割以上が消費され、再使用のために回収されません。非リサイクル型シーラントは、冷洗浄モジュールで成分を洗い落とし、流出水として扱われる必要があります。これにより、含浸プロセスへのコストが増え、ユーザーの環境管理コストが増加します。

リサイクル型シーラントでは、シーラントの最大9割が復元され、即時の再利用のために準備されます。  

 

 

closed loop

 

 

リサイクル型シーラントの復元方法


リサイクル型シーラントは、単に排水口に流され、廃棄されるのではなく、洗浄曹から収集され、回収と再使用のためにUltrasealシーラント復元システム(SRS)を通過します。  

 

 

recycling

 

 

 

流出水コストの削減


従来の非リサイクル型シーラントは、水に接触すると乳化します。結果として生じる冷洗浄液は、排水のために継続的に堰き止められ、環境に受入れ可能にするために高価な処理が必要になります。
Ultraseal水リサイクルシステムで流出水のない含浸*

Ultrasealの最新の開発は、含浸プロセスの熱硬化のための水リサイクルシステムです。これにより、現在では、全プロセスでほとんど流出水がなくなっています。

水リサイクルシステムは、熱硬化タンクからエネルギー効率蒸溜ユニットへ熱水を継続的に汲み出すことにより動作します。エネルギー効率蒸溜ユニットで、水は浄化された後、再利用のために熱硬化タンクに戻されます。

水リサイクルシステムは、以下のような多数のコスト削減を実現します。

  • ほとんど流出水のない含浸
  • 水の使用量の削減
  • 水を熱するために必要なエネルギーの削減
  • 廃液処分のための支払額の削減
  • 生産停止時間なし


* 蒸溜プロセス中、少量の濃縮廃棄物のみが生み出さます。これは水槽の容量の2パーセント未満です(プロセスパラメーターによる)。蒸溜中、これは水から分離され、廃棄のために自動的に収集されます。