Rexeal 100 - 新世代の リサイクル型シーラント - 軍用規格認定済み

 

Rexealは新世代の リサイクル型シーラントです。

Ultrasealは絶えず製品改良を続けています。Ultraseal研究開発部門の広範囲に及ぶ研究を通して、 リサイクル型シーラントの使用記録を20年以上にわたり収集し、この革命的な製品を開発しました。

Ultraseal MX2の現場での性能を精査すると共に市場からのフィードバックを考慮することにより、企業の絶えず変化する必要条件を満たすことを目指してRexeal 100を開発しました。 リサイクル型シーラントは、可能な限り最高レベルのシーリング品質と環境適合性を求めるメーカーに目に見える利益をもたらしています。

 

Rexeal 100の メリット

 

  • 市場に出ている最高性能の リサイクル型シーラント
  • 高い費用対効果
  • 優れた環境保全上の利点
  • 軍用規格での承認済み
  • 加工安定性が改良されているため、システムの維持管理が容易
  • ゲル化時間の変動が減少または排除されるため、触媒の必要量が減少
  • 洗浄特性が強化されているため、完成品の清浄度が高い
  • 耐熱性が220°Cに向上
  • 疎水性が強化されているため、シーラントの湿度は迅速に低下
  • 環境にやさしい - より環境にやさしい化学物質を配合

競合する製品よりも優れたRexealの性能

Ultrasealはシーラントの性能を市場にある他の製品と常に比較しています。これにより、Ultrasealが述べる品質と性能に関する説明が正しいことが証明されます。以下の試験結果は、含浸処理したUS MIL-I-17563C試験リングに漏れを記録しながら加熱試験を課した際の成績を示しています。

 

alt

0 = 気密性あり(漏れなし)、5 = 極度の漏れ

 

この表に記載された成績は、競合他社のシーラントおよびRexeal 100の標準バッチを使用した試験から得られました。

比較的低温(40°C)にさらされた場合でも、競合他社のシーラントは短時間で性能の不具合が生じています。比較すると、Rexeal 100は220℃に24時間さらされたあとも完全なリングシールの性能を維持します。

Ultrasealは、最も信頼できる含浸性能の評価方法は国際的な規格および著名な試験手順で用いられている含浸試験リングを用いた方法であると考えています。これを用いることにより、使用中の製品の性能が明らかになります。この事例では、Rexeal 100が競合他社の同等品よりも耐熱性において優れていることが分かります。

 

                                          ring

 

Rexealおよび リサイクル型シーラントの詳しい情報は、製品パンフレット ダウンロードページにアクセスしてください。