Ultrasealの含浸シーラント

 

間隙形成とは、特に鋳物などの材料が製造工程で液体から固体へ変化するときに生じる現象です。含浸は、間隙形成により生じる問題を解決するための費用効率が高い永久的なソリューションです。

 

真空含浸シーラントは金属鋳物のポロシティに対する恒久的なソリューションであり、熱、オイル、化学物質からの影響への耐久性がある、安定した柔軟性のある材料で隙間を充填します。

1970年代の後半、UltrasealはPC504と呼ばれる初のメタクリル樹脂の含浸シーラントを発表し、これは含浸業界全体を根本的に変えることになりました。

シーリングの漏れや多孔性の鋳物の旧式の方法はケイ酸ナトリウム(水ガラス)、ポリエステルおよび嫌気性樹脂です。これらには以下のような多くの欠点があります。

blocks

  • 多大な労働力を要する
  • 生産性が低い
  • 特定タイプのポロシティには効果がない

 

PC504/66 は現在でも、世界標準の主要含浸シーラントブランドです。

Ultrasealは、リサイクル可能な含浸シーラント: Ultraseal MX2 を採用し、その後 Rexeal 100 を採用することで、真空含浸をさらに根本的に変えました。

リサイクル型シーラントを使うことによって、普通は廃棄されるシーラントが冷たいウォッシュタンクから回収され、最大90%が即座に再利用できるようになりました。

Ultrasealのリサイクル型真空含浸シーラントは以下を提供します。

 

  • シーラント消費を90%削減非リサイクル型シーラントと比較して、より優れた性能
  • 含浸コストの削減
  •  環境上の重要なメリット -  余ったシーラントが廃液として流されな
  • 水の使用量が少ない