リサイクル型含浸シーラント

 

リサイクル型シーラントとは、最大90%の含浸シーラントが回収され、即座に再利用できることを意味します。シーラントはウォッシュタンクから収集され、Ultrasealシーラント回収システム (SRS) を通って、回収および再利用されます。

シーラントをリサイクルするメリットは以下の通りです。

 

  • 含浸シーラント消費の削減により、鋳物含浸の費用効率がより高くなる
  • 物流および貯蔵コストの削減
  • 排液コストの削減
  • 水の使用量の削減
  • 非リサイクル型シーラントと比較して、より優れた性

 

リサイクル型含浸の詳細については、 ここをクリックしてください。

 

 

従来型の含浸シーラント

 

PC504/66

 

優れた接着特性に加えて、強靭性と柔軟性により、Ultraseal PC504/66は、今日の世界中の同種類の製品の中でも最先端の非リサイクル型含浸シーラントになっています。

Ultraseal PC504/66メタクリル樹脂シーラントは、金属鋳物、伝送部品、エンジンブロック、シリンダーヘッド、および空調コンプレッサなどのさまざまな業界と用途において、含浸シーリング性能と品質の基準になっています。

非リサイクル型含浸の詳細については、ここをクリックして ください。

 

トップローディング装置

 

トップローディングの真空含浸装置は初めて含浸に使用され、元々は後続処理のためにタンクが開いたシンプルな真空オートクレーブシステムを基盤としていました。

シンプルなトップローディングの真空含浸機械は今日でも広く使用されており、Ultrasealは起動要件と低容量要件を満たす標準的なバッチ処理機械を供給することができ、適切なレベルのプロセス制御を提供しています。

トップローディング含浸装置の詳細については ここをクリックして ください。

 

フロントローディング装置

 

Ultraseal Internationalは、コンベヤベースの、世界初のフロントローディングの真空含浸システムを開拓し、世界中の製造の大部分を補いました。

フロントローディングの真空含浸装置は、生産ラインに完全に統合できる主要能力に加え、より高速で、制御に優れ、著しい安全衛生の利点があります。

含浸処理はシンプルなコンベヤによる以前の運用に接続できるようになり、これによって補助運搬メカニズムの必要性がなくなります。さらに各モジュールのロードが単純化され、オーバーヘッドガントリーやホイストが必要ありません。

フロントローディングの真空含浸装置の詳細については、ここをクリックして ください。